血液サラサラ効果の高いナットウキナーゼの紹介です。

ナットウキナーゼの健康効果

血栓溶解や血液がサラサラ、血圧を下げるなどで、心筋梗塞や脳梗塞を予防

ナットウキナーゼの健康効果

納豆が体に良いとはよく言われます。

ビタミンKやたんぱく質などの栄養が豊富であるだけではなく、様々な健康効果があることが知られています。
その元となっているのがナットウキナーゼと呼ばれる酵素です。納豆は大豆を煮て納豆菌を用いて醗酵させることで作りますが、ナットウキナーゼはその醗酵の過程で作られます。

その効果は血栓溶解や血液がサラサラ、血圧を下げるなどで、心筋梗塞や脳梗塞を予防します。

納豆といえば大抵の方が朝食で食べる物というイメージがあると思いますが、実はナットウキナーゼを摂取するタイミングとしては夕食に食べた方が良いのです。

その理由は人の体で血栓ができる時間に関係があります。血栓は深夜にできやすいため、夕食に納豆を食べた方が、ナットウキナーゼによる血栓の予防が効果的なのです。

こう書いてくると納豆さえ食べればいいんだと思われるかもしれませんが、納豆には血液凝固因子となるビタミンKも含まれています。
そのため他の食材との食べ合わせによって、ナットウキナーゼの血栓溶解作用がビタミンKの血液凝固作用により必ずしも効果的に働かないこともあります。

ナットウキナーゼに血栓溶解、血流改善(血液をサラサラにする)、血圧降下など様々な効果があることは確かですが、他の食材との食べ合わせにも注意が必要です。

ナットウキナーゼを効果的に摂取するために、納豆からナットウキナーゼを抽出して作った健康食品などもあります。こういった健康食品を利用するのもいいかもしれません。